ダイエットで痩身を目指そう!TOP > 脂肪を落とす方法のコツって? > 太ももの痩身について〜足や下半身

太ももの痩身には一工夫が必要

太ももの痩身というと、言い換えると、太ももの部分痩せということですね。

ダイエットで痩身を目指そうという女性の場合、もっとも落としたい部位は、太ももやヒップになります。そのほかお腹もそうでしょう。なかには、二の腕も気になるという女性もいるかもしれません。

でも大半の女性は、下半身のほうに肉がついてしまいます。これは女性の特徴なので、ある意味仕方ないといえるかもしれません。このような体型を洋ナシ型といいます。それに対して男性は、お腹が膨れるので「リンゴ型」といわれます。内臓脂肪がつきがちになるからですね。

太ももの痩身は、女性の関心事です。女性の場合、どうしても下半身太りになりがちです。それはなぜかというと、内臓脂肪の代わりに下半身に贅肉がつくからです。

男性の場合は、妊娠とは無縁なので、お腹の中にいっぱい脂肪を付けても問題ありません。でも女性の場合は、胎児を育てるスペースを空けておく必要から、内臓脂肪はたまらないような仕組みになっているのです。

でも内臓脂肪は邪魔者ではなくて、ある程度は必要です。余分な中性脂肪を取り合えず溜めておいて、いざというときにすぐに取り出せる脂肪が内臓脂肪だからです。男性の場合、お腹の内臓脂肪から、すぐにエネルギーを取り出すことができます。

でも女性は、内臓脂肪があまりないので、それに代わる貯蔵庫が必要です。それこそがお腹の皮下脂肪やウエスト、ヒップ、太ももの脂肪だと考えられます。ですから、付きやすく落としやすい部位といえるのではないでしょうか?

太ももの痩身を目指すと、一緒にお腹周りやお尻もスリムになっていく可能性があります。女性の場合、骨盤のずれも肥満の一因といわれています。骨盤が開いたりすると、内臓下垂が起き、そのため基礎代謝が低下して、太りやすくなるのです。

ずっと同じ姿勢で長時間いると、腰周り、つまり骨盤周辺の筋肉が硬直してきます。そうなると骨盤周辺の血行が悪くなり、それが下半身に及びます。

女性の場合、もともと下半身太りになりやすいので、一旦ついたあと、このように骨盤周辺の血行不良を引き起こすと、それを引き出せなくなります。言ってみれば、銀行に預けたものの、それを引き出して使えないような状態ですね。

これを改善するには、腰周りのズレをよくして、骨盤矯正をするといいかもしれません。すると下半身の血行がよくなって、それらを引き出して使える可能性が出てきます。

所詮太ももに皮下脂肪が付いたままなのは、下半身の代謝や循環がよくないからです。太ももの痩身をしたい人は、下半身の代謝をよくするように努めましょう。

それには、今述べたように骨盤を矯正するのでもよいし、下半身の筋肉を鍛えることでもよいでしょう。太ももに筋肉を付けるというと、逆に足が太くなりそうですが、そうではありません。

足には全身の筋肉の8割が収まっているといいます。ここを鍛えれば、かなりの基礎代謝のアップが見込めるのです。しかも下半身の血流が改善されて、冷え性やむくみも解消されます。

そうなれば、皮下脂肪の減少による「太ももの痩身」だけではなく、足の浮腫みも解消され、さらに足がスリムになるに違いありません。